読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

毒親育ちの日々毒抜きブログ

やり場のない怒りと悲しみの原因は「毒」だった。負の連鎖を止めるべく、毒抜きはじめます。

幼少期

バレエの習い事に、平気で初老男女を巻き込む

「バレエ」は、娘を持つママにとって通わせたい習い事のひとつです。リズム感が身に着くだけでなく体幹も鍛えられるので、姿勢や所作が美しくなります。私もバレエをしていたせいか、バレエをしている子は歩き方を見るだけで分かります。 しかも、バレエを習…

大嫌いだった〇〇会

幼稚園の頃の私は、〇〇会と名前がつくものはことごとく嫌いでした。 幼稚園のお遊戯会やクリスマス会、 町内会の運動会、 ピアノ教室のクリスマス会、 英語教室のバーベキュー大会、 ガールスカウトのお誕生日会・・・ 何がそんなに嫌かと言うと、〇〇会で…

人に褒められればOKなのか?

地獄のお箸トレーニングを受け続けたおかげで、私は誰よりもお箸を使うのが上手だったようです。(後日母親談) 幼稚園の連絡帳には、「おこちゃんは今日もとっても上手にご飯を食べました!」と書かれ、お迎えに来る母親は「おこちゃんのお母さんは、しつけ…

外出先で「手をにぎりつぶす」陰湿な行為

母親は人前では良い母を演じようとするので、外出先で怒鳴ったり手をあげたりすることはありません。 その代わりにするのが、力いっぱい「手をつねる」こと。 私の言動が気に入らないとき、母親は歩きながらものすごい力で手をつねりました。 例えば母親の知…

お箸トレーニングで地獄を見た

私が3歳になると、母親は今までにも増して色々な事をやらせるようになりました。(母親のことだから、3歳よりも前だったかも知れません。) そのひとつが、「お箸」です。 子供が使うお箸に、エジソンのトレーニング箸というものがあります。普通のお箸が少…

小さい頃の「水攻め」が忘れられない

よし、記憶がある限り書いていきます。 幼少期ではじめての記憶以外に残っている衝撃的な記憶は、水攻めです。 あるお天気の日でした。 まだお昼だったと思いますが、部屋は薄暗く、カーテンが中途半端に閉まっていました。(おそらく、朝になったらカーテン…

【はじめての記憶】いきなり顔面をぶたれて怒鳴られて足蹴にされた

ずーーーっと記憶をたどってみると、2歳か3歳くらいの頃のことを思い出しました。 私はその時、母親の近くで何かをしていたのだと思います。 そうしたら、いきなり顔全体をばっちーーん!とぶたれました。 前からぶたれたので顔は天井を向き、体は勢いよく後…