毒親育ちの日々毒抜きブログ

やり場のない怒りと悲しみの原因は「毒」だった。負の連鎖を止めるべく、毒抜きはじめます。

お箸トレーニングで地獄を見た

 

私が3歳になると、母親は今までにも増して色々な事をやらせるようになりました。(母親のことだから、3歳よりも前だったかも知れません。)

そのひとつが、「お箸」です。

 

子供が使うお箸に、エジソンのトレーニング箸というものがあります。普通のお箸が少しアレンジされていて、1本には輪っかが2個、もう片方には輪っか1個と弓型のサポーターがついている、小さいサイズのお箸です。今は楽天市場などで気軽に買えるんですね~。

3歳頃からお箸を持たせる家は少なくありません。幼稚園でもお箸を使うところはあるので、まぁ普通の流れでそうなったのでしょうかね。

 

けれど・・・
このお箸が登場して以来、私の食事の時間は地獄した。

 

f:id:mentaload:20161024224920j:plain

 

いちいち細かくは覚えていませんが、

  • お箸を上手に持てなくて、ご飯そっちのけで何度もやらされたこと
  • お箸の輪っかに無理矢理指を詰め込むので、痛くて力が入らなかったこと
  • こぼして顔面を平手打ちされたこと
  • 泣いているとより一層強く殴られたこと
  • 涙や鼻水がひどくなると、ティッシュでぶたれたこと
  • 時には椅子がひっくり返る程殴ったり蹴られたりしたこと
  • 食べ物を口に詰めこまれたこと
  • むせて食べ物が散ると殴られたこと

は、覚えています。


3歳くらいの子を座らせる椅子は、椅子から落ちないように左右に手すりがついているものがたくさんあります。テーブル席用の足長の椅子であれば、細いベルトがついていたりもしますよね。私もまさにその椅子だったのですが、それはまるで拘束されているようで逃げ場がなく、本当に怖い椅子でした。

物事の良し悪しすらまだ分からない3歳の子供に、いきなり完璧にご飯を食べろと言ったところでできるわけがないだろうに・・・

 

悲しかったな~
というか、こわかった。。。

それでも、ぐっと耐えるしかありませんでした。何を食べたかなんて、まるで記憶にありません。


「3歳までは、子供の脳に良いとされるあらゆることをさせた」「その後もずっとお金をかけた」「あんたは幸せ者だ」と言われ続けて育ちました。母親が親からしてもらえなかった辛い記憶を、私という娘を利用してすべてやらせようとしたのです。(これについては後で詳しく説明します)

 

これは教育ではなく不適切なコントロールです。スプーンをまだ上からにぎることしかできないなら、お箸のトレーニングはより難しくなります。スプーンを下から持てるようになってからだって、子供にとってお箸はとても使いにくいものです。椅子から転がり落ちるほど殴ったら、できるものもできなくなりますよね。やらなきゃ死ぬと思っていた私はすぐにできるようになりましたが。。少しも嬉しくありません。

 

子育ては結果にコミットしないんだよ。

 

ライザップとはわけが違うんだ。「できるようになったのに何が悪いの?」と聞き返す母親はおかしい。「できるようにさせたんだからいまさら文句を言うな」と。

子供は、育つ家庭で親から与えられる安心感や充実感を感じることが大事なんです!まだ幼稚園に入るか入らないかくらいの子なら、いやがっても投げつけても、それはいけないよと言いながら、辛抱強く教えるしかないのでは?少しできたらほめてあげて、美味しいご飯を食べながら、一緒にお箸を持って楽しい時間を過ごすことができれば、楽しみながら知らない間にできるようになるのではないのかな?子供はできなくて当たり前と思っていた方が、できた時に感動して褒めてあげられやすい気がします。

 

不当な扱いを受けながら、それでも頑張ってできるようになったちっこい私を、目一杯褒めてあげることにします!

 

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ