読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

毒親育ちの日々毒抜きブログ

やり場のない怒りと悲しみの原因は「毒」だった。負の連鎖を止めるべく、毒抜きはじめます。

父親が私を捨てたとき

高学年になると、脳が成長して、色々と考えられるようになっていきます。今までは与えられた環境で一生懸命生きるのみだったけれど、少しずつ今置かれている状況について考えられるようになっていきました。この母親は普通じゃないとか、部屋が汚いのは普通じゃないとか。


それに加えて、今まで優しいと思っていた父親にも、違和感を感じるようになりました。

この人、やさしいわけじゃないのかも・・・

f:id:mtloaday:20161111001726j:plain


本格的な塾に通うようになってからは、私は勉強漬けの毎日になりました。

もちろん(というのも腹立たしいが)、スムーズに勉強が進まないと殴る蹴るで顔や手は真っ赤。塾の内容は難しくて、やらないとできない内容だったので私も必死に机に向かったのですが、なかなかできないんですよね。

母親は、はじめは手伝おうとして隣に座ってくるのですが、そのうちイライラしてきて暴言を吐き始めて、私が嫌な顔をすると殴る蹴るに発展するという構図がもはやデフォルト化されていました。

はじめはその場に父親がいれば「そんなに叩いたってできないよ!」と母親をたしなめてくれたのですが、、、怒り狂っている時の母親は、本当に手がつけられないんです。「じゃあお前が教えろよ!!教えられんのか?あ!?」とか言いながら近くのものを父に投げつけたりしてました。そんなことを繰り返すうち面倒くさくなったのか、いつからか「また始まったよ」という嫌~な顔をして、母親に注意することもせず部屋から出ていってしまうようになりました。

私をすてた・・・?


こうして私は、地獄の受験勉強を一人で耐え続けることになりました。

母親にも認められない、
父親にも見捨てられる。


お父さんが安心できる場所ではなくなってしまった。

 

とうとうひとりぼっち。


居場所がどこにもなくなった私は、精神的にどんどん病んでいくことになります。

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへにほんブログ村 メンタルヘルスブログ アダルトチルドレンへ