毒親育ちの日々毒抜きブログ

やり場のない怒りと悲しみの原因は「毒」だった。負の連鎖を止めるべく、毒抜きはじめます。

親の虐待事情を友達に言っても理解されない

記事を書いていると、その時のことを思い出して最強気分が悪いですね。心底呆れる気持ちでいっぱいです!今日はいつもよりイライラする(笑)!さっき、いとこのことを笑われる記事を書いたからでしょうか。。。

 


さて、小学生になった私は、家で勃発している暴力沙汰の一部始終を、お友達に説明するようになりました。

「昨日お母さんにたたかれたんだよ~!」とか言っているお友達がいると、すかさず「私は隣の部屋に吹っ飛ぶくらいぶん殴られたよ~!」などと私は答えます。すると、なんとお友達は笑うのです。

 

「プロレス~^^?」


のんきです。いたって平和です。お友達大好きです。けど、なんだか悲しかった!!!本当に殴られているのに!本当に死を感じるほど宙を舞って隣の部屋に投げられるのに!全然伝わっていないんです。

お友達は、きっと頭をペペコンッ!とたたかれたんでしょうね。それで痛くてびっくりしたのでしょうね。分かります。痛いよね。

 

f:id:mentaload:20161101235318j:plain

 

友達が笑ってくれると、私ももっと笑ってもらおうとして、次々とバラエティに富んだ虐待話を繰り広げました。もちろん全て実話です。ノンフィクションです!!けれど、お友達はケラケラ。私の説明の仕方が面白かったのかも知れません。「わーって泣いてると、泣くなーおらー!って言われて、っぼーーん!ふわ~って浮いたんだよぉー!」とかいう説明をジェスチャー交じりで説明していましたからね(笑)。。楽しいからいいんですけど、なんか複雑でした。



髪の毛をわしづかみにされて振り回されると、引っ張られた頭皮のエリアがたんこぶみたいにもっこり膨れるの、知ってますか?これは虐待されたことがある人じゃないと分からないよな~。っていう、「虐待あるある」。哀しいですね。

 

髪の毛が長いから、本当によく髪の毛つかまれて振り回されました。短くしたかったけど、バレエしていたから許されませんでした。まさに拷問です。

 

 

あー今日はイライラするから話が全くまとまらない!笑

虐待は、虐待されたことがないお友達には理解されにくいという話ですが、その友達に非はありませんよね。それも分かってます。

すべては母親が悪いのですから。


心の病気と診断されない健康体のまま成長できた自分自身に、惜しげもなく拍手を贈ろうと思います!

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ