毒親育ちの日々毒抜きブログ

やり場のない怒りと悲しみの原因は「毒」だった。負の連鎖を止めるべく、毒抜きはじめます。

小さい頃の「水攻め」が忘れられない

よし、記憶がある限り書いていきます。

幼少期ではじめての記憶以外に残っている衝撃的な記憶は、水攻めです。


あるお天気の日でした。

まだお昼だったと思いますが、部屋は薄暗く、カーテンが中途半端に閉まっていました。(おそらく、朝になったらカーテンを開けるとか夜には閉めるとかいう習慣がなかったんだと思います。)

母親は怒り狂って「来い!外へ出ろ!」と怒鳴りながら私の首根っこをつかみ、「イヤだ!イヤだ!」と恐くてギャン泣きする私を外へ引きずり出しました。

家の前には車のスペースがあり、ホースがつながっている蛇口がありました。(多分、車を洗う用のもの。)

母親は私をつかんだまま蛇口の水を出し、ホースの先を顔に押し付けました。ホースを持っていない手では私の後頭部をわしづかみにしています。顔を動かすこともできないので手で水をはらってもドボドボ水がかかり、ものすごくむせました。

私は恐くて大泣きしているので息を止めることもできず、鼻がめちゃくちゃ痛くなるほど水を飲みました。

 

f:id:mentaload:20161024204818j:plain


これまた私が何をしたのかは覚えていませんが、【はじめての記憶】事件があった時と同じ家なので、恐らく2,3歳のときです。「ごめんなさい!」と何度も叫びましたし、もはやを感じて「助けてー!」と叫んだのを覚えています。

母親は、近所に聞こえないように耳元で「お前が悪いんだぞ!」「もう二度としないか!あ!?」「黙れ!近所に迷惑だ!」などと言われました。

日中だったので一人か二人おばちゃんが通りすがりましたが、その時はホースを顔から離し、笑顔で「こんにちは~」と。大泣きしている私を傍らに、「子供は困るんです~」みたいな顔で笑顔でした。小さい私は、おばさんが黙って通り過ぎるのを泣きながら見ているしかありませんでした。

おばさんがいなくなれば、また水攻めが始まります。小さいながら、人生が終わったような感覚がありました。


本当に私は何をしたのだろう…?

この水攻め恐怖体験はたまーに思い出すくらい衝撃的でした。本当に死を感じたんでしょうね。。。

大きくなってから母親にこのことを話したら、テレビを見ながら「ん?覚えてないわ。」と知らんふり。しまいには、「しかしあんたは本当に腹のたつ子供だったわ。」「あんたはお母さんを怒らせることしかしなかった。」と言っていました。


これって違いますよね。母親が怒りをコントロールできていないだけです。信頼関係が築けなかった親の責任です。2,3歳頃に親へ反抗する気持ちが芽生えてきているのは、普通です。自我ができてきている証拠です。

私に子供ができたら、上手に気持ちを切り替えさせてあげられたり、上手にしかれたりするような知恵を身に着けたい。お友達から聞いた面白い知恵など沢山聞いているので、少しずつ試してオリジナルも編み出していきたいと思います。

 

私が経験した恐い記憶が、良い形で収束しますように!

 

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ