読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

毒親育ちの日々毒抜きブログ

やり場のない怒りと悲しみの原因は「毒」だった。負の連鎖を止めるべく、毒抜きはじめます。

【はじめての記憶】いきなり顔面をぶたれて怒鳴られて足蹴にされた


ずーーーっと記憶をたどってみると、2歳か3歳くらいの頃のことを思い出しました。

 

私はその時、母親の近くで何かをしていたのだと思います。

そうしたら、いきなり顔全体をばっちーーん!とぶたれました。

前からぶたれたので顔は天井を向き、体は勢いよく後ろへ倒れました。

一瞬目の前が暗くなり、痛くて、バランスが崩れて、びっくりして泣きました。

驚きと悲しみで泣き始めたら、「泣くな!」とものすごい大声で怒鳴られて何度も打たれ、転がって泣いている私を足で蹴りながら「あっちへいけ!」と廊下へ押し出したのです。

嗚咽がもれるのをのを必死で我慢しながら、小さい私は廊下で立っていました。

必死で我慢したので、当時住んでいた部屋の雰囲気や廊下の形が記憶に残っています。

 f:id:mentaload:20161024190111j:plain

 

私が母親に何をしたかは覚えていませんが、2歳か3歳の頃なので、おもちゃを片付けなかったとか、親の言うことを聞かなかったとかではないでしょうか。イヤイヤ期だったのかも知れません。

でも、いきなり殴られて、ゴミのように足蹴にされて、廊下で我慢していた自分を思うと、可哀想でなりません。小さな子供には家がすべてなので、母親に怒られたら従うしかありません。突発的な怒りに任せて、私の行動は少しも尊重してくれることはなかったのですね。人生で初めて長く残っている記憶がこんなものかと思うと、さらに哀しいです。

母親は教育に力を入れていたので、もうこの頃から色々な勉強を始めていた頃と思います。

でも、その一方でこのように私の存在を踏みにじる行為を続けたらどうなのでしょうか?他の家よりも質の高い教育をさせていると言えるでしょうか?

こういう母親に限って「これは教育の一環だ」と言います。絶対に違うけどね。


今の年齢になるまで、色々な赤ちゃんに会いました。静かにしている小さな子を見て「えらいねー^^」と思いますが、一方で、「この親はこの子に暴力をふるっていませんように」と祈るような思いでした。

子供にとって最も良い形で導いてあげることって、ほんとうに大変なことなのだと思います。母親も初めての子育てで、一人で色々考えたのかな?教育をさせることが良いことであるという考えが持てるのだったら、行き過ぎた暴力は良くないということも学んでほしかったと思います。

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ