読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

毒親育ちの日々毒抜きブログ

やり場のない怒りと悲しみの原因は「毒」だった。負の連鎖を止めるべく、毒抜きはじめます。

母親を歪ませた「家族」という関係

 

母親は、どうしてあんなにも歪んだ人間なのでしょうか?
こうしていま冷静に考えると、母親も意図してあのような人間にはなりたくはなかったはずです。

 

人が歪む最も大きな原因は、親との関係にあるのではないかと思います。色々な本やサイトを見ていても、根本的な人格が形成されるのは3歳までと書いてあるものが多いですよね。3歳までに形成される人格は、成長と共に価値観や社会観などが積み重なっていく時に、土台となる部分だからでしょう。

matome.naver.jp

 

愛情をたくさん受けて育った子供は、自分という存在を肯定してもらえる感覚を"潜在的"体感します。それも、毎日。そしてこの体験は自己肯定感として心に広がり、3年という年月をかけて立派な土台ができあがるのです。

 

自己肯定感がある人は、自分が自己肯定感が高い!なんて思うことはないでしょう。その気持ちは潜在的に刻まれるもので、意識してどうなるものではないからです。

 

残念なことに、歪んだ家族の中で育った子供には、そんな立派な土台は存在しません。親に自分の存在をまるごと受け入れられた経験がないので、とにかく、とにかく不安定なんです!

 

f:id:mentaload:20161027233435j:plain

 

不安定な親のもとで育ったことは、土台がしっかりしていない土地に家を建てることと似ています。ドロドロでぐちゃぐちゃの土台に家を建てようとしても、まともな家が建つわけありませんよね。それでも子は、その土台に頑張って家を建てるしかないのです!

 

生きていくしかないから、自分なりに頑張って掘っ立て小屋を建てる。建築士でもないのに頑張って完成させた!でも、「素敵な家だね」なんて言ってくれる人はほとんどいません。

 

豊かな土台をもとに、他のみんながどんどん大きな家を建てている隣で、どう頑張っても立派な家を建てられずにいる辛さ寂しさは、親に土台作りを手伝ってもらえなかった人にしか分かりません

 


昔の私はぐちゃぐちゃでも家を建てるしかなかったけれど、今なら土台を固めてから家を建てなおそうという知恵があります。まずはドロドロの土を取り除くことから!(笑)

 

無理をして家を建てようとしている人がいるなら、私はその隣に、小さくても立派な土台作りのお手伝いをしたい想いです。誰かと家を建てるって、いいことですよね、きっと!

 

にほんブログ村 家族ブログ 毒親へ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アダルトチルドレンへ