毒親育ちの日々毒抜きブログ

やり場のない怒りと悲しみの原因は「毒」だった。負の連鎖を止めるべく、毒抜きはじめます。

毒親下で中学受験を終えたあなたへ


中学受験をした子の中には、
毒親から暴力や暴言をあびるような環境下で頑張る人もいたと思います。

でも・・・
お疲れ様でした!やっと終わったね!!

中学に合格した子も、残念な結果になった子も、
「一生懸命頑張った」ことにまったく変わりはありません。


本当に、お疲れ様でした。


頑張ったという経験は、形を変えて、
色々なところであなたの強い味方となってくれるでしょう。

そして、毒親と一緒に過ごしたひどい毎日を乗り越えられたのは、

あなたの強い気持ちがあったからこそです。

今は、毒親に育てられて良かったと思えることが何一つなかったとしても、ひどい環境を乗り切れた力を持っているあなたは、いつかどこかのタイミングで、必ずあなたらしい人生を切り開くことができます。

ぜったい大丈夫!

f:id:mtloaday:20170322220243j:plain

毒親の下で育った私から、ひとつ言いたいことがあります。

それは、

中学へ入ったら、自分の気持ちを大切にしてほしい。ということ。

 

毒親の下で育つと、自己肯定感が低くなってしまっていて、どうしても周りにまどわされたり、小さなことで落ちこんでしまったりすることもあるでしょう。

毒親に育てられると、自分の気持ちを探すことすら大変なこともあるでしょう。

でも、そこで気持ちをないがしろにせず、ゆっくりと時間をかけて向き合ってほしい。

悩んだり落ちこんだりできるということは、与えられた状況について真剣に考えることができるということです。


自分はどうしたいのか。
どういう道を選ぶのか。


お友達と相談しながらでも良いでしょう。
信頼できる人や安心できる人を、一人でも多く見つけてください。

そして、選択した道が間違っても構わないから、「あなたが納得できる選択」をしてください。
それが大切です。

  • 親が言っているから・・・
  • 親におどされているから・・・
  • いうことを聞かないと家を追い出されるから・・・
  • 親にお世話になっているから・・・


そういう理由で選択する道があるのだとしたら
そういう理由で選択しなくてよい道を頑張って見つけてみてください。

  • 私はこうした方がいいと思うから。
  • 私の気持ちはこうだから、こういう方向を頑張ってみたい。


「私」発信で、自分の気持ちを考えてみてください。


金銭的な面で親に面倒を見てもらっている間は、そういう道を探すのはとても大変だし、親をないがしろにしているのでは?と自分を責めてしまうこともあるかも知れません。


特に毒親に育てられた子は、そいういう風にいい子な考え方を持っていることが多くあります。

でも、そこをあえて自分中心で考えてみてください。

自分の意志で選択したということが大切なので、失敗しても大丈夫。
失敗して「だから言っただろ!」と親に責められ無茶苦茶に言われたら、あやまればいいだけの話。無茶苦茶に言われたら、親が無茶苦茶なだけです。きちんと怒れない親は毒親です。

間違えたら「ごめん」と謝り、前へ進みましょう。

毒親の言葉に一喜一憂せず(というのは難しいことだけれど)、新しい一歩をどこに進めるか、自分でじっくりと考えましょう。


この積み重ねで、あなたの将来が変わってきます。

毒親に育てられても、幸せな道は必ず見つかります。

それは10年後であっても20年後であっても、

必ず幸せは訪れます。


まずは、素敵な青春時代を送ってね。



にほんブログ村 家族ブログ 毒親へ にほんブログ村 家族ブログへ