読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

毒親育ちの日々毒抜きブログ

やり場のない怒りと悲しみの原因は「毒」だった。負の連鎖を止めるべく、毒抜きはじめます。

愛と温もりある未来へ


虐待や貧困などが原因で、親とまともな生活が送れない子供たちの多くは、児童養護施設に保護されます。しかし、児童養護施設に行けば安心で幸せな生活が待っているかと言うと、必ずしもそうとは言い切れません。 (※写真の子と記事の内容は無関係です)

f:id:mtloaday:20161207193459j:plain


日本こども支援協会
代表の岩朝しのぶさんという方は、

  • 人生始まったばかりのまだ幼い時期に身体的・精神的にダメージを負った子達をケアするという事は、並大抵のことではない。
  • 日本はまだまだ子供の権利が低く、児童養護施設にいるような子を充分にケアできる環境が整っていない。
  • 私たちは子供たちの未来をどうしたいのか?
  • 未来を見据えて議論し、改善していくべき。

とおっしゃっています。

わたしたちがしていること | NPO法人日本こども支援協会 より引用

 


児童養護施設の環境が不十分な状態では、親から引き離して無事保護できたとしても、また違う種類の傷ができてしまう可能性があります。

子供に人生を見つめなおせる機会を与えてあげられる環境や、子供にとって心の支えとなる大人の存在をつくることは、とても大切なことではないでしょうか。


これは虐待のある家庭にとどまらず、保護されないまでも毒親がいる家庭やその他そこそこ普通の家庭など、すべての家庭にあてはまることだと思います。



ギリギリアウト(?)な先進国日本。

子育てに少しでも関わるひとりひとりが、人を育む「愛と温もり」について考え、生活環境や教育環境の底上げをしていきたいですね。



にほんブログ村 家族ブログ 毒親へ にほんブログ村 家族ブログ 児童虐待・幼児虐待へ