読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

毒親育ちの日々毒抜きブログ

やり場のない怒りと悲しみの原因は「毒」だった。負の連鎖を止めるべく、毒抜きはじめます。

母親の兄弟も変なやつばかり

母親の兄弟は、母親と同じようにヒステリックでうるさい人達でした。3人集まった時は、人の文句や子供の文句でめちゃくちゃ盛り上がります。

私はいとこに会えるのは嬉しかったけど、大人たちにはあんまり会って嬉しい気持ちにはなりませんでした。

 

ある日、いとこと遊んでいたら、「おこ!ちょっとこっち来なさい。」と。
いやな予感。

f:id:mtloaday:20161114194511j:plain


大人たちのところへ行ったら、「あんた昨日なんで勉強しなかったわけ?言ってみなさいよ。」と聞かれました。

はい?

母親の兄弟たち(私の叔父や叔母に当たります)は、私の様子を伺っています。もはやさらし者です。いちいち来させて言わせて何がしたいの?理解に苦しむ・・・

昨日は勉強しなかったわけではなく、母親が途中から来たから思うように勉強ができなかっただけで、勉強はしていました。だから、「勉強はしていた。」と答えました。(本当は「お母さんが来たから勉強できなくなった。」って答えたいのだけど。)

そうしたら、母親はケッという感じで、「なんで勉強しなかったのかって聞いてんだよ。バカじゃないの?昨日言ったこと何にも分かってないんだね。もうあっち行け!」と言って、げんこつでぶたれて押し戻されました。

母親は、「いっつもこうだからね。ほんっと嫌んなるわ~」と言ってイライラむき出しにしています。叔父や叔母は、母親に同情するかのようにニヤニヤ笑ったり、「うちもあーだのこーだの」と言って母親の言葉にかぶせるように文句三昧でした。母親と同じ人種です。

 

家族以外の人が来ている時はボコボコにはされないのでいいのですが、こういう異常な命令がかなりむかつきます。その場を爆発させてやりたいと思いました。

母親と同じような環境で育った叔父と叔母は、同じようなクズ人間に育ったのですよね。子供の文句を言う時は大いに盛り上がって一致団結!ですが、時に衝突して大喧嘩して、私達子供へ兄弟の文句を言いまくるわけです。



母親らは、親にひどい扱いを受けて育って、子供にはそのような想いをさせたくないと言っていたけど、そう思うなら、なぜ嫌がらせをするのだろう?最大の謎です。もしかしたら、嫌がらせと思っていないのか!?

自分達は子供のために生きているつもりでも、子供に害を与えることをしてしまっているということは、過去の怒りにとらわれすぎて、親自身が前を向いて進めていないことでしょうね。


今もそこかしこで迷惑かけて嫌われて、ずるずるの人生なんだろうな~。

関係を絶って、本当によかったー!

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへにほんブログ村 メンタルヘルスブログ アダルトチルドレンへ