毒親育ちの日々毒抜きブログ

やり場のない怒りと悲しみの原因は「毒」だった。負の連鎖を止めるべく、毒抜きはじめます。

育った環境は離れていてもついてまわる

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

2017年10月、新しいブログへ移転しました。

新しいブログはこちら「毒親育ちの日々毒抜きブログ」です。

今後ともどうぞよろしくお願いします。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

前々回の記事【負のスパイラルから抜け出せない日々】で挙げたような友人関係の問題などもそうですが、私は何もない普通の毎日のときも苦痛でした。


何もない日常なはずなのに、なぜか苦痛。

これほど苦痛なものはないかもしれませんね。

これが、生きづらさってやつですね。

f:id:mtloaday:20170407104506j:plain

 友人との会話の中で家族の話になると、どうしてもストレスがたまります。

  • 帰ったらお母さんが勝手に部屋掃除してたんだよ!まじむかついた!
  • 送り迎えほんとウザい 一人で帰れるのにー
  • 最近口きいてないんだー 別に意味ないけど!あはは
  • 〇時に迎えに来るって言ってたのに遅いー!

という他愛もない発言。(私には他愛もないとしか思えない)

 

私はそんなことを聞くたびに、脳裏がズーーーンとしていました。

 

掃除!? してくれるのか!?
ということは、家の中きれいってことだよね。
うちなんて・・・

mtloaday.hatenablog.com

そしてウザいとかむかつくとか、親に言って生きていられているのか?

口をきくかきかないかも、あなたの自由なのか?
あなたはそんなに自由に生きているのか?

そもそもそういう関係であることって、普通ってことだよね・・・

 

もう私には、「うちもさー~~でさ~」と返す言葉が見つかりません。
リアルなこと話したら恥ずかしいだけだし(笑)

そもそも、友人がいやと思う状況を、「いやな状況」というくくりに入れられない自分がいました。

 

汚い家を思い浮かべて、そこで生きている毒親のことを考えると、ストレスしかありません。

親に悪態をつく?中学生にもなってそんなことしたら、どうなっていたことやら…

mtloaday.hatenablog.com


中学に上がって私が物理的に大きくなってくると、母親は私に直接手を加えることは減り、さらなる罵声に加えて物を投げるようになりました。

ろくなご飯も出ず、自分都合で勝手にキレて、ケガするほど物が飛んでくる家に帰りたいと思いますか?

 


一度くらい思いっきり言いたい放題言ってぶちキレても良かったなぁと、今になると思います。

あるいは、今までのことを逐一メモしておいて、警察にかけこめばよかった。

 

 

にほんブログ村 家族ブログ 毒親へ にほんブログ村 家族ブログへ